アウトガス抑制接着剤

Wバリア構成や厚膜基材同士の貼合に最適。
架橋時に発生するCO2の発生を抑制した設計の接着剤です。
外観不良改善及び接着強度・耐熱性の安定を実現します。

特徴

  • 低ガス発泡・無発泡
  • 透明蒸着フィルム同士のラミネートが可能
  • 高い耐熱性

用途例

  • 透明断熱材
  • ディスプレイ等ガスバリアフィルム同士の貼合

製品データ

品名 主剤 硬化剤 主剤 硬化剤
LIS-825 CR-901 LIS-7390 LCR-1901
樹脂組成 ポリエステル 脂肪族NCO(IPDI+HDI) ポリウレタン エポキシ
配合比 (NV) 100 (50%) 7~10 (70%) 100 (60%) 7 (95%)
粘度 (mPa・s) 600 100 1800 100
特長 低ガス発泡・耐熱性 無発泡
エージング条件 60℃/3日以上 40℃/2日
PCT試験 初期強度 16N/15mm幅 6N/15mm幅
PCT試験 168時間 6N/15mm幅 2N/15mm幅
  • 層構成:CPP//CPP、レトルトCPP使用
  • エージング:40℃4日
  • 塗布量:5g/㎡Dry

上記の数値は測定値であり、保証値ではありません。

ラミネート外観比較

バリアフィルム同士貼合時、通常のイソシア架橋型接着剤では外観不良が発生。LIS‐825の低ガス発泡性能により、透明度が高く良好な外観が得られる。

従来品


表面50倍

LIS825/CR901


表面50倍

お問い合わせ

東洋モートン株式会社
開発部
TEL : 03-3272-3394