高耐熱接着剤 TM-K76

高い耐熱性と各種薬品等への耐性があり、エレクトロニクス部材用途で高い実績のある接着剤です。

特徴

  • 金属箔との接着性
  • 耐熱性と後加工適正(耐薬品性)

用途例

  • FPC、RFID等のエレクトロニクス部材
  • 各種金属箔の貼合用途

製品データ

品名 主剤 硬化剤
TM-K76 CAT-RT85
樹脂組成 ポリエステル系樹脂 脂肪族NCO
不揮発分 51% 70%
粘度 2000mPa・s 110mPa・s
配合比 100 7
エージング条件 60℃以上/3日以上

測定データ例

接着剤の耐久性

構成 CPP100 μ // 接着剤5μ // CPP100μ
常温接着強度 23.0N/15㎜(PI界面)
PCT 105℃×96時間 21.0N/15㎜(フィルム凝集破壊)
PCT 105℃×144時間 22.5N/15㎜(フィルム凝集破壊)

ポリイミド/銅箔構成での実物性データ

構成 ポリイミド25μ // 接着剤8μ // 銅箔12μ
常温接着強度 14.2N/15㎜(PI界面)
200℃×10日後 4.0N/15㎜(凝集破壊)
エッチング後外観 PET/AD間ヘイズ値上昇:3以下

お問い合わせ

東洋モートン株式会社
開発部
TEL : 03-3272-3394